本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 長崎 > 西勝寺

西勝寺

                               長崎県キリシタン関連史跡

フェレイラの転び証文があるお寺


転び伴天連フェレイラの書いた転び証文が伝わる寺院。
転び証文は非公開です。

「転び伴天連フェレイラ」として知られるクリストヴァン・フェレイラは、穴吊りの拷問で棄教したイエズス会神父。日本の宣教師を束ねる責任ある位置にあったので、彼の棄教はヨーロッパのキリスト教世界と日本人信徒に大きな衝撃を与えました。


西勝寺


フェレイラは1609(慶長14)年、イエズス会宣教師として来日し、24年間もの長きに亘り布教活動に身を捧げました。

しかし長崎潜伏中に捕らえられ、拷問の末に転んでしまいました。その後日本名 沢野忠庵を名乗らされ、迫害側に仕えて生活していくようになりました。

そんな時代でなければ幸せな人生を歩んだかもしれないのにという悲哀も感じますが、彼を救出しようと日本に続々とやって来た宣教師たちのこと(彼らもまた拷問され棄教したり、亡くなったりした)を思うと、やはりフェレイラの棄教は無念で残念で、そんなふうにしてほしくなかったと思います。


西勝寺
西勝寺
西勝寺
西勝寺



 
現地への行き方
路面電車「桜町」駅から徒歩3分。JR長崎駅からも歩いていけます。

訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション


                                          NEXT >>