本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 長崎 > カトリック浜脇教会

カトリック浜脇教会

                            長崎県教会、キリスト教関連史跡

五島崩れ発端の島


「五島崩れ」発端の島、久賀島(ひさかじま)にある教会。五島列島で最初の鉄筋コンクリート造の教会で、島の玄関口である田ノ浦港から歩いて行ける距離にあります。


カトリック浜脇教会


久賀島は大村藩の移住政策で外海からやって来た隠れキリシタンが住んだ島。

信徒発見後のキリシタン弾圧で「崩れ」とよばれる迫害が起こりましたが、五島全土に広がった「五島崩れ」が始まったのはこの島からで、キリシタンが検挙され入れられた牢屋(牢屋の窄)は痛ましい殉教地となりました。

浜脇教会の歴史


浜脇教会は1881(明治14)年、久賀島最初の教会として初代浜脇教会が建てられたのが始まりで、潮風にさらされて耐久性が落ちたので、1931(昭和6)年に建て直され、鉄筋コンクリート造の教会に生まれ変わりました。

この時解体された旧聖堂は、島の五輪地区に移築され五輪教会とよばれるようになりましたが、建物がとても古くなったので、現在は隣に新しい聖堂を建て、その新しい聖堂を五輪教会とよび、移築された聖堂の方は旧五輪教会とよばれています。

浜脇教会は第二次世界大戦中、空襲の標的となるのを避けるため真っ黒に塗りつぶされた時期がありました。現在白亜に輝く外壁がそびえているのは、その黒い壁を再び白く塗り直したから。中に入るとピンク色のリブ・ヴォールトが、天から注がれる温かな光に見え、聖堂全体が何かに優しく包まれているような感じがします。



浜脇教会

浜脇教会

浜脇教会

聖堂内

天井

祭壇

後方

ステンドグラス

ステンドグラス

ステンドグラス

ステンドグラス

ステンドグラス



ステンドグラス

聖像

祭壇

聖像

ステンドグラス

信徒席



 
現地への行き方
久賀島の田ノ浦港から徒歩20分。タクシー利用で5分です。住所は五島市田ノ浦町263。

訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション


                                          NEXT >>