本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 長崎 > カトリック三井楽教会

カトリック三井楽教会

                               長崎県教会、キリシタン遺物

キリシタン資料館がある


福江島の北部、岳(だけ)地区に建てられた教会。岳地区にあるため、以前は岳教会とよばれていました。

岳地区もまた外海からキリシタンが移住した村で、水ノ浦や楠原と同じ頃に「五島崩れ」の波が襲いました。岳の山下善三郎の家が仮牢に仕立てられ、検挙された信徒がそこに押し込められました。


カトリック三井楽教会


三井楽教会は1880(明治13)年に建てられたゴシック様式の教会に始まります。

現在の聖堂は1971(昭和46)年に建造されたもので、平屋建の個性的なデザインが特徴的。

敷地内にある資料館には田中千代吉神父が集めたキリシタンに関する資料が展示されています。



三井楽教会

三井楽教会解説

三井楽教会

聖堂内

聖堂内

ステンドグラス

資料館

ルルド



 
現地への行き方
福江港から車で50分。住所は五島市三井楽町岳郷1420です。

訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション


                                          NEXT >>