本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 長崎 > カトリック楠原教会

カトリック楠原教会

                            長崎県教会、キリスト教関連史跡

殉教地を見守る教会


大村藩から来たキリシタンの子孫が住む地、楠原に建てられた教会。イギリス積とよばれる方法で煉瓦を積んで造られた教会堂は、強健で男性的な力強さを見せています。

「五島崩れ」というキリシタン迫害で信徒が苦しめられた楠原の牢獄跡が、近くにあります。


カトリック楠原教会


もともと楠原地は、1797(寛政9)年、大村藩の住民移住政策第一弾で、外海地方からやって来たキリシタンが住んだ所。

隠れて信仰を守ってきたキリシタンは、楠原に移住してからも、隠れキリシタンとして暮らしていました。

しかし信徒発見後、キリシタンの存在が明らかになり、徳川幕府はキリスト教禁令を解いていなかったため弾圧にかかりました。隣接する水ノ浦で起こったキリシタン検挙は、楠原にも波及し、信徒たちは牢屋に入れられ拷問を受けました。

そんな楠原に教会堂が建てられたのは1912(明治45)年頃。設計はペルー神父で、施工は鉄川与助だったのではないかといわれています。1968(昭和43)年に大改修がなされ、現在も聖堂として使われています。

建物の特徴は、イギリス積とよばれる煉瓦の積み方で、強健で男性的な雰囲気をかもし出しています。それが風雪を耐え忍んだ信徒の姿に重なって、芯の強さを感じさせます。



楠原教会

楠原教会

楠原教会正面

十字架

楠原教会解説

イギリス積

ファチマの聖母

ファチマの聖母



 
現地への行き方
福江港から車で20分。住所は五島市岐宿町東楠原です。

訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション


                                          NEXT >>