本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 長崎 > カトリック浦頭教会

カトリック浦頭教会

                                    長崎県教会

堂崎教会に代わる教会


老朽化した堂崎教会に代わるものとして、浦頭に建てられた教会。7つの集落(浦頭、浜泊、大泊、嵯峨瀬、堂崎、宮原、半泊)の信徒たちが通っています。


カトリック浦頭教会


カトリック堂崎教会(堂崎天主堂とも)が建てられたのは1908(明治41)年。貴重な有形文化財として保存されていますが、信徒が集まる教会としては使いにくくなったので、それに代わるものとして、地域の中心である浦頭に教会が建造されました。

献堂は1968(昭和43)年。浦頭小教区内には15の集落があり、そのうちの7集落の信徒がここに所属し、通っています。



浦頭教会

教会入口

マリア像

聖堂入口

祭壇

キリスト像

ステンドグラス

ステンドグラス



 
現地への行き方
福江港から車で10分。住所は五島市平蔵町2716です。

訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション


                                          NEXT >>