本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 長崎 > 原爆落下中心地公園

原爆落下中心地公園

                            長崎県クリスチャン関連史跡

被爆した浦上天主堂の遺構が残る


1945(昭和20)年8月9日原爆が落とされた際、中心となった地。落下中心地の標柱の隣には、原爆により倒壊した旧浦上天主堂の残骸の一部が移築されています。


原爆落下中心地公園


アメリカの原子爆弾が長崎に投下されたのは1945(昭和20)年8月9日午前11時2分。長崎市松山町の上空約500メートルで炸裂した爆弾は、一瞬にして市街を破壊。犠牲者の数は死者7万3,884人、負傷者7万4,909人(1950年長崎市原爆資料保存委員会調査)にのぼりました。

現在は原子爆弾が炸裂した直下に公園が整備され、原爆落下中心地公園となっています。原子爆弾が炸裂した上空を指し示すように三角錐が建ち、中心地をしめす石碑が建立され、その横には旧浦上天主堂の壁の一部分が原爆の遺構として移設されています。天辺で公園を見下ろしているのはザビエル像。

原爆落下の中心地となった松山町は少女一人を残して住民全員が死亡。旅(最後の迫害とよばれる浦上キリシタン総流配)から戻り平穏を取り戻しつつあった浦上村の信徒約8千5百人も犠牲となりました。

看板を目印に、川が流れる方へと階段を下りると被災当時の地層を見ることができます。原爆が投下された時の地層だけが熱線で黒く焦げており、陶器の破片やガラス瓶、瓦などから積み重なっている様子から、一瞬に瓦礫となってしまったことがうかがえます。



モニュメント

解説板

中心地公園

旧浦上天主堂

旧浦上天主堂

天主堂遺構

ザビエル像

天主堂遺構

地層への案内

被爆当時の地層

地層解説

川の横にある



 
現地への行き方
路面電車「松山町」下車、徒歩2分。

訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション


                                          NEXT >>