本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 長崎 > サン・ジョアン・バプチスタ教会跡

サン・ジョアン・バプチスタ教会跡

                            長崎県教会跡、キリシタン関連史跡

キリシタン時代の教会跡


かつてキリシタンの教会と病院があった跡地。
現在は長崎3大寺の一つ本蓮寺となっています。


サン・ジョアン・バプチスタ教会跡


サン・ジョアン・バプチスタ教会は、1592(天正19)年にポルトガル船長によって建てられた教会で、傍らにはハンセン病患者のための病院も備えられていました。

この病院はサン・ラザロ病院と名づけられ、キリシタンによる慈善団体ミゼリコルディアの組によって運営されていました。

当時この教会は長崎3大教会の一つ(あと二つはトードス・オス・サントス教会と山のサンタマリア教会)に数えられる立派なものだったと伝えられています。


現在は本蓮寺
現在は本蓮寺
教会と病院跡
教会と病院跡
碑文
碑文
解説板
解説板
勝海舟ゆかりの地
勝海舟ゆかりの地



 
現地への行き方
JR長崎駅から徒歩5分。

訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション


                                          NEXT >>