本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 長崎 > カトリック大浦教会

カトリック大浦教会

                            長崎県教会

大浦天主堂の前にある教会


長崎大司教区が大浦天主堂の隣接地に建立した教会。聖ヨハネ五島に捧げられています。

国宝大浦天主堂が観光客の増加に伴い司牧に向かなくなったため、昭和50(1975)年に建てられました。周辺が風致地区に指定されているので、赤レンガ風の建物となっています。


カトリック大浦教会


この地域の信徒さんは、大浦天主堂が観光地となっているので、普段は専らこちらの教会に通っているようです。

ただし教会としての管理は、大浦天主堂にも行って奉仕しているとのことです。

長崎1の人気観光地にありながら、喧騒を離れて静かに祈ることのできる貴重な場所です。

大浦天主堂で恵みを受けた後は、観光客の波から離れて、こちらの教会に立ち寄らせてもらい、黙想のひと時を過ごすのもいいかと思います。



教会案内

ステンドグラス



 
現地への行き方
路面電車「大浦天主堂下」下車、徒歩5分。大浦天主堂入口の向かい側にあります。


訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション


                                          NEXT >>