本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 長崎 > 西有家キリシタン墓碑

西有家キリシタン墓碑

                                 長崎県キリシタン墓碑

ローマ字が刻まれた日本最古のキリシタン墓碑


須川共同墓地で昭和4年に発見された蒲鉾型の美しいキリシタン墓碑。
状態がとてもよく、今見ても美しいと感じられるような魅力をたたえています。


西有家キリシタン墓碑


半円の面にポルトガル式綴りと省略法を用いた文章が刻まれています。

これはローマ字が刻まれたキリシタン墓碑としては日本最古のものです。



正面から見た墓碑

斜めから見た墓碑

説明板

墓地の中に


 
 現地への行き方
国道251号線を口之津方向へ向かい、南島原市役所前の信号を左折。海にぶつかったところから、一本内側の道を進むと須川共同墓地があります。南島原を走る島鉄バスの「向」バス停の近くです。墓地に至る道は私道なのか、とても狭い道なので大型車は通れないと思います。小さな車で行っても駐車すると迷惑だろうなと思われるほど細い道なので、港の方に車を停めて、歩いて墓碑を探しに行く方がいいかと思います(もちろん駐車違反には十分ご注意を)


訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション


                                          NEXT >>