本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 長崎 > キリシタン史跡公園

キリシタン史跡公園

                               長崎県キリシタン墓碑

貴重なキリシタン墓碑が並ぶ公園


「島原の乱後350年忌」をを記念して、桜馬場一帯のキリシタン墓碑を集めてつくられた公園。
県指定の重要文化財となっているものなど、貴重な墓碑が何基も並んでいます。


桜馬場にあるキリシタン史跡公園


田畑に囲まれた一角に、2メートルほどの十字架を立て、キリシタン墓碑を集めて公園として整備されています。

「史跡公園」という名前の響きに比べると、敷地はとても狭く感じられますが、迫害時代に破壊を免れた貴重なキリシタン墓碑が17基も一同に集められているので、一見の価値があります。

17基のうちの一つは長崎県指定の史跡です。



キリシタン史跡公園

キリシタン史跡公園内

キリシタン墓碑

墓碑覆屋

標柱

解説板

キリシタン墓碑

キリシタン墓碑

キリシタン墓碑

キリシタン墓碑

キリシタン墓碑

キリシタン墓碑


 
 現地への行き方
島原方面から:国道251号線で有家から雲仙に上って行く県道132号線に乗り、進んで行くと「桜馬場」バス停近くに案内板が出ているので、案内に従って左折していくと見つけられます。雲仙方面から:県道132号線に乗り、有家方面に向かっていくと「桜馬場」バス停周辺で案内板がるので、そこで右折。案内に従って田畑の中の道を進んで行くと十字架が見えてきます。どちらから行くとしても、案内板を見落とすと見つけられない恐れがあります。


訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション


                                          NEXT >>