本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 長崎 > 胴塚跡

胴塚跡

                             長崎県キリシタン埋葬地

131名ものキリシタンの胴体を埋めた場所


「郡崩れ」の際に処刑されたキリシタンの胴体を埋めた所。

首の方は500メートルほど離れた所に埋められました。
キリシタンが妖術を使って蘇ることを恐れたためだといわれています。


胴塚跡の信徒像


胴塚跡には現在、天を仰ぐ信徒像が建てられています。

大通りから中に入った静かなところにあり、手向けられた花だけでなく、周りにも植物が植えられていて、誰かが真心込めて管理し、きれいにしてくださっているようです。



胴塚跡

記念像

信徒像

説明板



 現地への行き方
大村市街地より国道34号線を北上し、県道38号線にぶつかる「桜馬場」交差点を左折、38号線をしばらく行ってからUターンして、「桜馬場」交差点から二番目に近い道を左折(「ビレッジ櫻」というアパートの脇の道)、その辺りで車を降りて歩いて進んで行くと、右手に見えてきます。少々わかりにくい上に、道が狭いので大型車では近くまで行きにくいと思います。  


訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション


                                          NEXT >>