本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 長崎 > 首塚跡

首塚跡

                             長崎県キリシタン埋葬地

処刑したキリシタンの首を埋めた場所


「郡崩れ」で処刑された131人のキリシタンの首を埋めた場所。

放虎原斬罪所で首を切った後、獄門所で20日間塩漬けにした信徒たちの首をさらし首にし、その後ここに埋めました。キリシタンは妖術を使って蘇ると恐れられていたので(「復活」について間違って聞いたのか?)、胴体は500メートルほど離れた胴塚に埋められました。


首塚跡


跡地には現在、手を合わせて祈る信徒の像が建てられています。



柵の中にあります

信徒像

信徒像

胴塚について



 現地への行き方
大村市街地より国道34号線を北上、「原口住宅入口」交差点を左折、次の道を右折して少し進んだところ(右側)にあります。道に面しているので見つけにくくはないですが、こじんまりとしているので通り過ぎてしまわないよう注意してください。


訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション


                                          NEXT >>